薄毛とタバコ

女性の薄毛とタバコ

タバコを吸う女性も多くいますね。タバコと薄毛は全く関係ないと思われているかもしれませんが、タバコを吸うと健康に悪いだけでなく、実は、女性の薄毛とタバコはとても密接に関係しています。
タバコを吸うとニコチンが体の中に入ってきます。ニコチンは毛細血管を収縮させてしまうので、タバコを吸えば吸うほど、体の中のニコチンが毛細血管を収縮させて、血行が悪くなってしまいます。また、タバコの煙には一酸化炭素も含まれます。一酸化炭素はヘモグロビンと結合してしまいます。ヘモグロビンは酸素を運ぶ役割をしているので、一酸化炭素が酸素を運ぶのを邪魔をしてるということになります。そのため、体が酸素不足になります。特にヘビースモーカーの人は酸欠状態が続いています。
そのため、当然ですが、頭皮の血行も悪くなってしまいます。そのため、健康な髪の毛を生やし育てるための栄養も酸素も十分に頭皮に行かなくなってしまいます。このように栄養も酸素も十分に送られなければ、髪の毛が生え変わらなくなったり、髪の毛がはえても、スカスカな髪の毛だったりします。これでは女性の薄毛を促進するだけになってしまいます。
他にもアメリカのハーバード大学公衆衛生学部の調査では、タバコを吸うと男性ホルモンを増加させるとのことです。男性ホルモンが増えると、男性型脱毛の原因になるので、女性で薄毛に悩んでいる人にとっては、薄毛を進めるだけでタバコは薄毛にとってやめるたほうがいいと思われます。

女性の薄毛とドライヤー

女性の薄毛や予防にはドライヤーのかけ方をしっかりと知っておくことが大事です。
ドライヤーは髪の毛の痛みの原因になっていると言われていますが、実は髪の毛が濡れた状態のほうがドライヤーをかけるよりも髪の毛にダメージを与えます。また、頭皮も髪の毛が濡れた状態だと、冷えてしまうので、頭皮の血行が悪くなってしまいます。頭皮が冷えて血行が悪くなると頭皮や毛母細胞に健康な髪の毛を生やし育てるための栄養が十分に行き渡らなくなってしまい、女性の薄毛を促進してしまいます。
髪の毛が濡れたら、まずはタオルドライでしっかりと水気を拭き、ドライヤーで乾かすようにしましょう。
女性の薄毛や抜け毛予防のためのドライヤーのかけ方は、簡単です。
最初にタオルドライで髪の毛の水分をとります。
次にドライヤーをかけますが、この時、ドライヤーの設定温度は【弱】にします。
髪の毛から約20cm離してドライヤーで髪の毛を乾かしましょう。
ポイントは髪の先ではなく、髪の毛の根元を乾かすようにドライヤーをかけてください。
髪の毛のダメージも一緒に防ぐ場合は、髪の根元がしっかりと乾いていたら、髪の毛は8割がた乾かせばドライヤーで髪を乾かすのは終了です。
髪の毛の先は乾きやすいので、あとは自然乾燥で問題ありません。女性の薄毛や抜け毛にとって、重要なポイントは頭皮なので、頭皮だけはしっかりと乾かしましょう。
最近のドライヤーはマイナスイオンやナのイオンがついてることが多く、そのようなドライヤーで乾かすと髪の毛のダメージを防ぐこともでき、一石二鳥です。
女性の薄毛予防のためにもドライヤーをしっかりと味方につけましょう!